カジノハラセンソウ(梶の葉羅氈草)

Triumfetta rhomboidea


カジノハラセンソウ

  • 科名・属名
  • : シナノキ科 ラセンソウ属

  • 特徴

  •  草丈50〜150cmの1年草or亜低木。
     茎は分枝し、葉は円形〜菱形状卵形で長さ3〜8cm、幅1〜4cm。葉の形は変化が大きく、先は3裂するが上部の葉はやや小さく裂けない。
     花は葉腋の短い花枝の先に4〜5個つく。花は黄色で直径6mm程度。
     果実は球形で直径約5mm、刺で密に覆われ、刺は無毛。

  • 分布・生育地

  •  沖縄  道端、草地

  • 花期
  • : 10〜11月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年11月4日 沖縄県石垣島
     上は拡大写真あり(写真をクリック)
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  平凡社の「日本の野生植物(T〜V)」は、数多くの野生植物の花が写真で紹介されていて非常に参考になる。
     ただ、沖縄返還時以前の企画で、沖縄については写真も記述の見当たらない植物も多い。
     この花もその一つで、「徒然花鳥風月」の雅さんの西表島の記録にこの花を見つけ、目的の一つにして出かけた。
     石垣島で草地の端にラセンソウのような花が見えた。近づいてみるとこの花、予想外の場所での出会いに大喜びした。
     花はラセンソウによく似ているが、ラセンソウの葉が長楕円形であるのに対し、写真でもわかるように葉に切れ込みがある。

    同じ科の仲間の花
花アップ