マルバスミレ(丸葉菫)

Viola keiskei


マルバスミレ

  • 科名・属名 : スミレ科 スミレ属

  • 特徴 :
     草丈5〜10cmの多年草。
     葉は卵円形〜円形で長さ幅とも2〜4cm。基部は心形で表面は緑色、裏面は淡緑色。両面とも毛が多い。
     花は直径1.5〜2.5cm、花弁は白色で重なり合って丸い感じである。側弁は無毛。
     別名 ケマルバスミレ
     側弁に毛がある品種があり、
     ヒゲケマルバスミレ(f. barbata)という。

  • 分布・生育地 :
     本州〜九州
     日当たりのいい山地の路傍や斜面

  • 花期 :   3月下旬〜5月上旬

  • 撮影月日・場所 :
     2001年4月8日  東京都高尾山 (国外:朝鮮、中国(東北部)、シベリア東部)
     中・花 2015年4月17日  宮崎県西臼杵郡
     下左・ヒゲマルバ 1999年4月14日  東京都高尾山
     (上、下左は拡大写真あり、写真をクリック)
     下右・葉 2015年4月17日  宮崎県西臼杵郡

  • 撮影記 :
     以前はケマルバスミレと呼び、毛のないものをマルバスミレとよんでいたが、毛のないものはごく稀で、今ではまとめてマルバスミレとされている。
     青森県あたりから南に分布しているが、太平洋側に多いようである。
     低山地には白花のスミレは以外に少なく、ふっくらした花弁が愛らしいスミレである。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花

ヒゲケマルバスミレ