ミズヒキ(水引)

Antenoron filiforme


ミズヒキ

  • 科名・属名 : タデ科 ミズヒキ属
     注.タデ属(Polygonum)、イヌタデ属(Persicaria)などの考え方あり。

  • 特徴 :
     草丈40〜80cmの多年草。
     茎は中実で、まばらに枝を分け、伏毛がある。
     葉は互生し、広楕円形〜倒卵形で、長さ5〜15cm、幅4〜9cm。先は鋭く尖り、両面に毛があり、中央部にしばしが黒斑がある。
     花は茎の先に長さ約30cmの細い総状花序となり、小さな花をまばらにつける。花は横向きで、花被片は4裂し、上3個は赤く、下1個は白い。
     果実(そう果)は平らな卵形で、先がカギ状になった花柱が残り、これで服や動物につく。
     花が全て白色のものがあり、
     ●ギンミズヒキ(f. albiflorum)といい、ミズヒキと混生していることがある。

  • 分布・生育地 :
     日本全土  林縁や藪

  • 花期 :  8〜10月

  • 撮影月日・場所 :
     1988年10月10日  和歌山県東牟婁郡
     中・ギン 1999年9月23日 神奈川県三浦半島
     中のギンミズヒキは拡大写真あり(写真をクリック)
     下左・金銀混生    同  上
     下右・花 2008年9月28日  東京都高尾山

  • 撮影記 :
     長い花序につく花が赤白からなり、見る角度によって2色に見えることから、お祝い事の熨斗に使う水引に似ているとのことで和名が付けられているが、あまり似ているという気はしない。
     秋、道端の木陰でよく見られるが、遠くから見ると赤い花穂がはっきりわかるのに、いざ写真に収めようとすると、草丈が高い割りに花は小さいので、花が背景に溶け込んでなかなか思い通りの絵が撮れない。
     花被片が赤白でなく、稀に全て白いものもあり、ギンミズヒキ(中の写真)という品種となっている。
     神奈川県の三浦半島で見かけた花(下左の写真)は、紅白のミズヒキが混じりあい名前にふさわしい華やかな雰囲気だった。

  • 花

    同じ科の仲間の花
ギンミズヒキ

ミズヒキとギンミズヒキの混生