アミガサギリ(編笠桐)

Alchornea liukiuensis


アミガサギリ

  • 科名・属名

  •  トウダウグサ科 アミガサギリ属

  • 特徴

  •  高さ2〜3mの落葉低木。
     葉は互生し、単葉で、葉身は広卵形〜心形、長さ6〜18cm。先は鈍形または鋭尖形、基部は心形、縁には浅い細かい鋸歯がある。両面とも無毛で、裏面は緑白色を帯び、葉脈は3本で紅色を帯びる。葉柄は長さ3〜10cmで紅色を帯びる。
     花は雌雄同株、長さ10〜15cmの総状〜円錐状の花序となり、多数の雄花と雌花が根生する。花は長さ約1.5mmで、花弁はなく、雄花は4個の三角形の萼片からなり、雄しべは8個、雌花の萼片は披針形〜卵形、柱頭は紅色で3裂する。
     果実(乾果)は扁球形で径約1cm、3溝がある。

  • 分布・生育地

  •  九州(奄美大島以南)〜沖縄
     林縁、林内

  • 花期
  • : 11〜4月?

  • 撮影月日・場所

  •  2013年12月17日  沖縄県与那国島
     中・雌花、下・葉    同  上

  • 撮影記

  •  緑の葉の中に、紅色を帯びた葉柄や葉脈がよく目立つ。
     荒地や道端などで見かけることが多いが、花は咲いているかどうか判らないほど地味だ。
     熱帯を中心に分布する属で、日本ではこの1種だけが分布している。

    同じ科の仲間の花
雌花

葉