エノキグサ(榎草)

Acalypha australis


エノキグサ

  • 科名・属名

  •  トウダイグサ科 エノキグサ属

  • 特徴

  •  草丈20〜40cmの1年草。
     葉は互生し、長楕円形〜広披針形で長さ3〜8cm。先はやや尖り、鈍い鋸歯がある。
     花序は葉腋につき、上に雄花が穂状につき、基部に編笠状の総苞に包まれた雌花がつく。
     雄花は小さく開花すると花被が4裂し、雌花は深く3裂し軟毛が生える。
     子房は球形で、表面に密にこぶがある。
     別名 アミガサソウ

  • 分布・生育地

  •  日本全土  道端、荒地、畑

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年9月10日 静岡県静岡市
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  別名アミガサソウといわれるように、葉の基部につく総苞の形が特徴的だ。
     秋、道路際や畑のすみなどで目立たない花を咲かせているが、気をつけていないと目に留まらない花だ。
     下は花の写真であるが、雄花が開花しているのは見えるが、基部にある雌花は総苞の陰でよく見えていない。

    同じ科の仲間の花
花アップ