マルヤマカンコノキ(丸山かんこの木)

Bridelia balansae


マルヤマカンコノキ

  • 科名・属名

  •  トウダグサ科 マルヤマカンコノキ属

  • 特徴

  •  高さ5〜7mの常緑小高木。
     葉は互生し、長楕円状披針形で、長さ6〜10cm、幅2.5〜4cm。質は薄い革質で、先は尖り、基部は鋭形、全縁で両面とも無毛。
     花は雌雄同株で葉腋に束生し、花序は雌雄の別があり、雄花は径5mm、花弁は卵形で長さ約1.5mmで萼裂片の半分の長さ、中央に雄しべを囲む花盤がある。雌花は非常に短い柄があるが、萼や花弁等の形は雄花と変わらない。
     果実(核果)は卵形〜狭卵形で、長さ約1cm、黒または黒紫色に熟す。

  • 分布・生育地

  •  沖縄(石垣、西表島)
     山頂や渓流沿いの低木林内

  • 花期
  • : 4〜6月?

  • 撮影月日・場所

  •  2013年5月26日 沖縄県西表島
     中・花、下左・果実   同 上
     下右・葉   同 上

  • 撮影記

  •  その日は夏のように暑く、まだ暑さに慣れていない身体には非常に堪えた。
     こんな日は無理することはないなと、目的地まで行くのをあきらめ、途中の沢で昼食を取り引き返すことにした。
     昼食後、周辺を散策すると、色々な植物が見つかり、その中に黒紫色の美しい実をつけたこの花があり、花もまだ咲いていた。

    葉

    同じ科の仲間の花
花

果実