ショウジョウソウモドキ(猩々草擬)

Euphorbia heterphylla


ショウジョウソウモドキ

  • 科名・属名

  •  トウダイグサ科 トウダイグサ属

  • 特徴

  •  草丈100cm程度の1年草。帰化。
     茎は直立し、やや二股状に分枝する。切ると白い乳液を出す。
     葉は互生し、長卵形〜長楕円形で長さ5〜6cm。先が尖り、波状の鋸歯や切れ込みがある。
     茎の上部に葉が集まって中心部がやや白い苞葉になり、その上に杯状花序をつける。
     刮ハは三角形で、直径5mm程度。

  • 分布・生育地

  •  帰化(北〜南アメリカ原産)
     沖縄  道路端、荒地、畑

  • 花期
  • : 10〜12月?

  • 撮影月日・場所

  •  2005年11月4日 沖縄県石垣島
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  色のない大きなショウジョウソウといった感じの花で、沖縄では道端や荒地などでまとまって咲いていることが多い。
     アメリカ大陸原産の帰化植物で、第二次世界大戦後沖縄に帰化したようだ。
     花のアップを見るとトウダイグサ科特有の杯状花序で同じ仲間ということがうなずける。

    同じ科の仲間の花
花アップ