サキシマヒサカキ(先島非榊?)

Eurya sakishimensis


サキシマヒサカキ果実

  • 科名・属名
  • : ツバキ科 ヒサカキ属
     注.APG分類ではペンタフィラクス科(モッコク科、ヒサカキ科)、学名同様

  • 特徴

  •  高さ4〜5mの常緑小高木。
     若い枝は径1〜1.5mmで、白色のやや硬い開出毛があり、稜角ははっきりしない。
     葉は互生し、楕円状披針形〜卵状披針形で、長さ4〜7cm、幅1.2〜2cm。先は長く尖り、基部は鋭形またはくさび形、鋸歯はやや粗くて少数。薄い革質で、表面は光沢があり、中肋は両面とも有毛。葉柄は長さ1〜3mmで有毛。
     花は雌雄異株で、葉腋に1〜2個下向きに咲き、白色で平開し、径約5mm。花弁は5個、狭倒卵形で先端は円い。雄花の雄しべは5個。
     果実(液果)はやや球形〜卵円形で、長さ約3mm、青黒色に熟す。

  • 分布・生育地

  •  沖縄(石垣、西表島)  山地

  • 花期
  • : 1〜2月

  • 撮影月日・場所

  •  2014年3月22日  沖縄県石垣島
     中・果実、下・葉    同  上

  • 撮影記

  •  何度も通ったことのある道だったが、下ばかり見ていてこの植物があるとは気がつかなかった。
     残念ながら花の時期ではなく、青黒色の果実しかついていなかった。
     今度花の時期に訪れ、白い花をしっかり撮影したいと思った。

    同じ科の仲間の花
果実

葉