シロミルスベリヒユ(白みる滑りひゆ)(注.ひゆは草冠に見るという字)

Sesuvium portulacastrum var. griseum


シロミルスベリヒユ1

  • 科名・属名 :
     ツルナ(ハナミズナ)科 ミルスベリヒユ属

  •  注.APG分類では、属の和名はハマミズナ属
  • 特徴 :
     草丈20〜50cmの多年草。
     多肉質で茎は分岐し地を這い、節から根を下ろす。
     葉は長楕円状線形〜線形で長さ2〜4cm。緑色で多肉質で厚い。
     花は葉腋に単生し、花弁はなく萼が花弁状になる。萼は内面が白色で、長さ5〜6mm。先は小さく尖る。
     果実は卵状長楕円形で長さ約5mm、辺縁に鈍い稜があり、種子はやや少ない。

  • 分布・生育地 :
     九州(トカラ列島以南)〜沖縄 (国外:台湾〜アジア熱帯域)
     海岸の岩場や砂泥地

  • 花期 :  6〜12月

  • 撮影月日・場所 :
     2006年12月3日  沖縄県南大東島
     中上 2015年10月5日  沖縄県糸満市
     (上、中上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中下・花、以下全て    同  上

  • 撮影記 :
     ミルスベリヒユの変種で海岸の砂浜や岩上で白い花を咲かせる。沖縄島など琉球列島北部では、白いこの花ばかりで赤花はあまり見ない。
     この花は、天気のいい日の昼ごろ開花し、午前中は青空でも半開きの状態になっていることが多い。
     一部の花については咲く時間帯が図鑑に記載されているが、昼にならないと咲かないとか、昼には閉じてしまうなどの詳細の書いてある図鑑はほとんどない。自分で経験するしかないようだ。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
シロミルスベリヒユ2

花

果実