ツルナ(蔓菜)

Tetragonia tetragonoides


ツルナ1

  • 科名・属名
  • : ツルナ科 ツルナ属

  • 特徴

  •  草丈40〜60cmの多年草。
     茎はよく分枝して地を這い、上部は斜上する。
     葉は互生し、卵状三角形で長さ4〜6cm。肉質で表面に粒状の突起がある。
     花は葉腋に1〜2個つき、花弁はなく萼が4〜5裂し、内側が黄色く花弁のように見える。

  • 分布・生育地

  •  北海道(西南部)〜沖縄の太平洋側
     海岸の砂地

  • 花期
  • : 4〜11月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年4月24日 沖縄県石垣島
     下 1995年7月9日 神奈川県横須賀市

  • 撮影記

  •  葉を食用とするため栽培されることもあり、外国ではニュジーランドホウレンソウの名もある。
     葉の肉質がいかにも柔らかそうで、食べてみたいと思うが、まだ食したことはない。
     太平洋側の海岸の砂地だけに分布するようで、よく見かける。
ツルナ2