スエヒロアオイ(末広葵)

Heterotropa dilatatum


スエヒロアオイ1

  • 科名・属名 : ウマノスズクサ科 カンアオイ属
     注. APG分類ではカンアオイ属の学名はAsarum

  • 特徴 :
     葉は卵形〜卵状楕円形で長さ6〜11cm、幅4〜7cmの多年草。
     質は薄く、先は少し尖り、基部は心形。表面は淡緑色、光沢はなく、無地または白班が入り、葉脈は少し窪み、葉の縁に短い毛が散生する。裏面は青白い緑色、無毛。葉柄は長さ6〜10cm。
     花は淡褐色〜暗紫色、萼筒は短い筒形、先は広がり浅い鉢状、長さ4〜5mm、径8〜10mm。首は括れない。萼筒入口部の口環は顕著でなく入口が広く開くため、内部の雄しべや雌しべが見える。
     萼筒内壁は格子状、特に縦襞の発達が顕著で数は15〜21本。
     萼裂片は広卵形でやや斜開し、長さ6〜8mmと短く、表面は滑らか。
     雄しべは12個、花柱は6個で直立し、先は角状に伸びて萼筒入口に達する。

  • 分布・生育地 :
     本州(三重県) (国外:日本固有)
     落葉広葉樹林下

  • 花期 :   10〜11月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体1 2016年12月10日  三重県
     中・全体2、以下全て    同  上
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)

  • 撮影記 :
     朝方は晴れていた空、花を探し始めた頃から雲がかかり霙が舞ってきた。風も強く、じっとしていると震え上がるほど寒い。
     やっと小さなカンアオイの葉を見つけたが、花つきは悪く十数株もチェックしてやっと1個花をつけた株が見つかった(帰りに地元の方と出会い話を聞くと、小さい株の多いのは鹿に食べられたからで、食害のない場所では2花以上つける株もあるとのことだった)。
     萼筒は短く、浅い鉢状で開口部が広いため、萼筒の内部も良く見え、花柱の先端部は萼筒入口付近まで伸びる特徴がはっきりわかった。
     何花か見つけたが、淡褐色〜暗紫色のものが多く、葉は右上の写真のような薄くて光沢のない無地のものが多く、縁に疎らに毛があった。

  • 葉1

    葉2

    同じ科の仲間の花
スエヒロアオイ2

花1

花2

花3