アマチャヅル(甘茶蔓)

Gynostemma pentaphyllum


アマチャヅル

  • 科名・属名
  • : ウリ科 アマチャヅル属

  • 特徴

  •  つる性の多年草。
     葉は鳥足状複葉で、普通5小葉であるが、3〜7小葉のこともある。
     花は葉腋に総状につき、花冠は黄緑色で径約5mm。裂片は細長く尖る。雌雄異株。
     液果は球形で、径約7mm、黒緑色に熟す。

  • 分布・生育地

  •  日本全土  山地の藪際

  • 花期
  • : 8〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年8月26日  長野県白馬山麓
     下・花    同  上

  • 撮影記

  •  葉を噛むとわずかに甘味があるのでこう名づけられているが、残念ながらそこまでの好奇心はなかった。
     珍しい花ではなく平地の林縁などでも見かけるが、ウリ科のアップの際には撮り漏らしていてリストに挙げておいた花だった。
     普段は頂上のお花畑を目指し通過するだけの林道。時間の余裕があってじっくり観察すると、これまで目に入らなかった多くの花に気がついた。

    同じ科の仲間の花
花