ジュズサンゴ(数珠珊瑚)

Rivina humilis


ジュズサンゴ

  • 科名・属名
  • : ヤマゴボウ科 ジュズサンゴ属

  • 特徴

  •  草丈30〜100cmの多年草。帰化。
     茎は上部でよく分枝する。
     葉は互生し長卵形〜卵状披針形で、長さ3〜8cm、幅2〜4cm。質は薄くて先は尖り、裏面に脈が凸出し、1〜3cmの葉柄がある。
     花は葉腋から総状花序になって多数つき、径4mm程度と小<さくて花弁はなく、白色で4裂する萼片が十字状に開く。萼片の先は桃色を帯びる。
     果実は球形で径約5mm程度、鮮紅色で艶があり、一房に20〜50個つく。br>
  • 分布・生育地

  •  帰化(熱帯アメリカ原産)  道端、荒地

  • 花期
  • : 1年中?

  • 撮影月日・場所

  •  2011年6月26日 東京都小笠原諸島
     中・花、下・果実   同 上

  • 撮影記

  •  日本では小笠原諸島に最初に帰化し、現在では沖縄などでも帰化しているようだ。
     小笠原では道路端や荒地で雑草化していて、歩いていると真っ赤な艶のある果実をいっぱいつけた姿が目に付く。
     小笠原は、毒蛇や毒虫もいないため、林下に入っても危険ではないが、植物相は貧弱なため、わざわざ道のない林下に入ることもなく、道端などの変わった帰化植物を見て歩くのも楽しい。

    同じ科の仲間の花
花

果実