ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)

Phytolacca americana


ヨウシュヤマゴボウ1

  • 科名・属名
  • : ヤマゴボウ科 ヤマゴボウ属

  • 特徴

  •  草丈1〜2mの多年草。帰化。
     茎は太くて丸く中空、上部でよく分枝し、無毛で赤みを帯びる。
     葉は互生し、長楕円形〜広楕円形で、長さ10〜30cm。やや多肉質で先は尖る。
     花は葉腋から長い柄のある花序を出し、花弁はなく花のように見える萼片は白色でやや淡紅色を帯び、径5〜6mm。花序は果期には垂れる。
     液果は扁球形で、径約8mm、黒紫色に熟す。

  • 分布・生育地

  •  帰化(北アメリカ原産)  空地、道端

  • 花期
  • : 6〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  花 2004年6月19日 長野県上田市
     下・果期 2006年9月24日 栃木県大田原市

  • 撮影記

  •  洋種と名付けられているように明治時代に帰化した種で、山野だけでなく街中のちょっとした空地でも咲いているのを見かける。
     この仲間は毒があるといわれているが、毒々しいまでの紅紫色液果を見ていると、何となく禍々しい花に見えてくる。
     ただ、花のない時は、ヤマゴボウの名が付いているため、土産物屋で売られているそれと混同し、食用になるとの勘違いも起きやすいので、和名は誤解のないようつけた方がいい。

    同じ科の仲間の花
ヨウシュヤマゴボウ2