バイカウツギ(梅花空木)

Philadelphus satsumi


バイカウツギ

  • 科名・属名 :
     ユキノシタ科 バイカウツギ属

  • 特徴 :
     高さ約2mの落葉低木。
     枝はよく分枝し、若枝は赤褐色で縮れた軟毛があり、古い枝は灰色。
     葉は対生し、卵形〜広卵形で、長さ4〜10cm、幅1.5〜3cm。先は鋭尖頭で、縁には突起状の低い鋸歯が疎らにある。
     花は枝先に5〜9個つき、白色で径2.5〜3cm。花弁は4個、雄しべは約20個、花柱の先は4裂する。

  • 分布・生育地 :
     本州(岩手県以南)〜九州  山地

  • 花期 :  6〜7月

  • 撮影月日・場所 :
     2003年6月22日  長野県上伊那郡
     中・花序    同  上
     下左・花 2014年5月19日  愛知県豊橋市
     下右・葉    同  上

  • 撮影記 :
     タクシーにどこかで出会えるだろうと、林道際の植物を観察しながら下り始めた。
     未舗装で通る車もほとんどない山道であるが、法面工事のカバープラントとしてイタチハギのような帰化植物も見られた。
     花の咲く感じが梅の花に似ていることからバイカ(梅花)と名付けられている白いこの花も咲いていた。
     花弁が全開しない含み咲き気味の花は梅の花の物静かさと共通し、感じのいい花である。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花序

花