ヒメチャルメルソウ(姫哨吶草)

Mitella doiana


ヒメチャルメルソウ1

  • 科名・属名

  •  ユキノシタ科 チャルメルソウ属

  • 特徴

  •  草丈2〜7cmの多年草。
     根出葉は卵形で、長さ、幅とも0.7〜1.3cm。浅く3裂し、両面に白色の立った粗い毛がある。
     花は花茎の先に2〜3個つき、萼筒は鐘状倒円錐形で、長さ2.5mm、萼裂片は卵状三角形で、花時に先端のみ反り返る他は直立する。花弁はなく、葯は淡黄色。花茎には粗い毛と短腺毛がある。

  • 分布・生育地

  •  九州(屋久島)  山地の沢沿い、陰湿地

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2008年4月25日 鹿児島県屋久島
     中、下・花  同 上

  • 撮影記

  •  車を止め、コケの生えた水際に目を凝らす。なめるように岩の上を見ていくと、コケに埋もれるように小さな葉と花茎が目に入った。わずか2〜3cmの花茎の先に蕾らしきものがついている。老眼の目では咲いているかどうかわからない。眼鏡を外して目を近づける。蕾が膨らんでいるのがわかった。
     花の感じが分かれば探しやすくなる。咲いている株はないかとあたりを見回す。「あるある」開花している株が数株みつかった。
     それにしても小さい、大きい株でも5cmあるかないか。中間リングを入れて花を覗く。咲き始めの黄色の葯が新鮮だ。図鑑などでは花の終わった花盤が上を向いたコップ状の写真が多いが、花時は上を向いていない。それに葉にも花茎にも長い毛がいっぱい生えていて印象的だった。

    同じ科の仲間の花
ヒメチャルメルソウ2

花アップ