ヒトツバショウマ(一つ葉升麻)

Astilbe simplicifolia


ヒトツバショウマ

  • 科名・属名
  • : ユキノシタ科 チダケサシ属

  • 特徴

  •  草丈10〜30cmの多年草。
     葉は根元に束生し、単葉で長さ4〜8cm、浅く3裂し先端は鋭く、鋸歯がある。基部は心形。花茎に一枚の葉がつく。
     花は花序の半分以上に花がつくが、側枝が短くまばらにつくため細い円錐状になる。花序には腺点がありねばる。

  • 分布・生育地

  •  本州(神奈川県、静岡県)
     山地の谷沿いの岩上

  • 花期
  • : 6〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1999年8月1日 神奈川県丹沢
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  夏の丹沢はキャンプや渓流遊びをする家族連れで大混雑している。しかし、暑くて急な登りが多い登山道は人も少ない。
     そんな山道を登った谷沿いの岩場に小さな白い花が揺れていた。さすがに谷沿いは風が涼しい。
     身体に心地よい風もほっそり伸びたこの花の撮影では大敵で、一枚シャッターをきるのに何分もかかってしまった。

    同じ科の仲間の花
花アップ