フキユキノシタ(蕗雪の下)

Saxifraga japonica


フキユキノシタ

  • 科名・属名
  • : ユキノシタ科 ユキノシタ属

  • 特徴

  •  草丈20〜80cmの多年。
     根元から出る葉は、20〜30cmの柄があり、葉は卵形〜卵円形で、やや不揃いの鋸歯がある。
     花は円錐花序で花茎に軟毛があり、ややまばらに多数つける。花弁は白色で5枚、葯は濃赤紫色。

  • 分布・生育地

  •  北海道、本州(福井県以東)四国(剣山)
     深山の谷沿いの岩上

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1981年7月19日 北海道夕張岳
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  根元から出る丸い葉を蕗の葉に見立てて和名が付けられている。
     北海道でも北アルプスでも見たのは登山途中の沢沿い、それも足元の滑りやすい岩の上に咲いているし花も小さいので、 足元ばかり気にして登っていると見逃してしまいそうだ。


花アップ