マルバウツギ(丸葉空木)

Deutzia scabra


マルバウツギ

  • 科名・属名 : ユキノシタ科 ウツギ属

  • 特徴 :
     高さ約1.5mになる落葉低木。
     枝はよく分枝し、樹皮は灰色から灰褐色で、古くなると縦に剥がれる。
     葉は対生し、卵形〜卵状長楕円形で、長さ3.5〜6cm、幅2〜3cm。先は鈍頭に終わる鋭尖形で、基部は円形かわずかに心形、縁には不揃いな浅い鋸歯があり、両面に星状毛が散生する。葉柄は長さ3〜6mmで、星状毛を密生するが、花序の杉下葉は無柄で、多少とも茎を抱く。
     花は今年枝の枝先に円錐花序となって上向きに咲き、白色で径0.9〜1.1cm。花弁は5個、長楕円形〜広線形で、長さ0.7〜1.1cm、平開する。花序全体に星状毛が密生する。
     果実(刮ハ)は椀形、径約3mm、星状毛が密生する。

  • 分布・生育地 :
     本州(関東地方以西の太平洋側)〜九州
     山野の日当りのいい斜面、川岸

  • 花期 :  4〜5月

  • 撮影月日・場所 :
     2013年5月10日  東京都あきる野市
     中・花    同  上
     下左・花序と葉、下右・葉裏    同  上

  • 撮影記 :
     ウツギは下を向いて咲き花弁は平開しないものが多いが、この花は上向きに咲くうえ、花弁が平開するので、豪華で見栄えがする。
     関東地方から西の太平洋側では、山野で普通に見かける花で、4〜5月の比較的早い時期に咲く。
     写真は東京多摩地域の里山の林縁で撮影したもであるが、新緑の黄緑色の中で輝いていた。

  • 葉裏

    同じ科の仲間の花
花

花序の下の葉