シコタンソウ(色丹草)

Saxifraga bronchialis ssp. funstonii var. rebunshirensis


シコタンソウ

  • 科名・属名
  • : ユキノシタ科 ユキノシタ属

  • 特徴

  •  草丈2〜12cmの多年草。
     茎は細くよく分枝してマット状に広がる。
     葉は茎の先にへら形披針形の細い葉をつける
     花は1cm程度の大きさで、1〜10個つけ、白色の花弁に黄色と紅色の斑点がある。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州中部 高山帯の礫地

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1979年8月16日 山梨県北岳

  • 撮影記

  •  高山の岩礫地にこんもりした株を作り、黄色と紅色の斑点がある。小さいがきれいな花を多数咲かせる。
     花の写真撮影を初めた頃、北岳に出かけ山頂付近の岩場でこの花に出会った。
     礼文島では、本州の高山植物が海岸近くの岩礫地に咲いていた。