ヤグルマソウ(矢車草)

Rodgersia podophylla


ヤグルマソウ

  • 科名・属名 :
     ユキノシタ科 ヤグルマソウ属

  • 特徴 :
     草丈80〜120cmの多年草。
     根出葉は5小葉からなる掌状複葉で、長さ20〜40cm、幅15〜30cmと大きい。小葉は倒卵形で基部は長いくさび形、先は5浅裂する。裂片はほぼ三角形、先端は鋭尖形で尾状、縁は細鋸歯。葉柄は長さ50cm。
     花は花茎を1m程度伸びた茎頂に円錐花序になって多数つき、径6〜8mmと小さくて、花弁はなく、5〜7個ある萼片は緑白色で花時は白色、平開する。
     果実(刮ハ)は狭卵形で長さ約5mm、残存する花柱の間で裂ける。

  • 分布・生育地 : 北海道(西南部)〜本州 (国外:朝鮮、中国(東北部)
     山地の湿った林下

  • 花期 :  6〜7月

  • 撮影月日・場所 :
     2003年6月22日  長野県上伊那郡
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・花 2008年6月28日  山梨県甲州市
     左下・果実 2014年8月20日  岩手県花巻市
     右下・葉 2017年6月24日  福島県西白河郡

  • 撮影記 :
     倒卵形で5個ある小葉が矢車のように見えることから和名が付けられている。
     山地の谷沿いなどに群生していることが多い。
     葉も目立つが、花も小さいものの1mにも伸びる花茎のせいで、花時には遠くからでも咲いているのがよくわかる。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花

果実