ズダヤクシュ(喘息薬種)

Tiarella polyphylla


ズダヤクシュ

  • 科名・属名 :
     ユキノシタ科 ズダヤクシュ属

  • 特徴 :
     草丈10〜40cmの多年草。
     根出葉は心円形〜広卵形で先は浅く5裂し、長さ、幅とも2韓cm。基部は深い心形、表面や裏面の脈上に長短の毛が生える。根出葉には長さ2〜12cmの柄がある。茎葉は数個あって根出葉と同形で無柄。
     花は総状花序となり、ややまばらに数個〜25個つき、花時にはやや斜め下を向いて咲き、径約3mm。花弁状の萼片は白色で5裂し、花弁は糸状で白色、萼片より長く長さ2〜2.5mm、花時には直立する。雄しべは10個、花柱は2個で長さが異なる。
     果実(刮ハ)は、一方の心皮はもう一方より著しく大きい。種子は狭卵状楕円形で黒色、長さ1.2〜1.4mm。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜本州(近畿以東)、四国 (国外:朝鮮(島嶼)、中国、ヒマラヤ)
     山地〜亜高山のブナ林や針葉樹林下

  • 花期 :   6〜8月

  • 撮影月日・場所 :
     1990年5月27日  北海道札幌市
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・花 2015年5月30日  山梨県中巨摩郡
     下左・果実 2014年8月20日  岩手県花巻市
     下右・葉    同  上

  • 撮影記 :
     ブナ林下などに群生していることが多く、花もまばらにつき、小さいこともあって目立たない。
     ズダヤクシュ(喘息薬種)という変わった和名は、長野県あたりでは喘息のことをズダといい、この植物が薬用になることから付けられたそうである。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花

果実