キショウブ(黄菖蒲)

Iris pseudacorus


キショウブ

  • 科名・属名
  • : アヤメ科 アヤメ属

  • 特徴

  •  草丈60〜100cmの多年草。逸出帰化。
     葉は線形で、長さ60〜100cm、幅2〜3cm。中脈は明瞭。
     花は茎頂につき、花被片は鮮黄色で、外花披片は広卵形で大きくて垂れ、内花被片は小さくて直立する。

  • 分布・生育地

  •  帰化(西アジア〜ヨーロッパ原産)
     水辺

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年5月16日 東京都日野市

  • 撮影記

  •  明治時代に観賞用として持ち込まれたものが、逸出して湿地や水路で繁殖しているのをよく見かける。
     園芸種として撮影対象から外していたが、植栽でなければ「野の花」とする整理からやっと撮影した。
     この写真も、自宅近くの田んぼの水路に生えていたもので、緑の葉に鮮やかな黄色の花はよく目立つ。

    同じ科の仲間の花