ウエマツソウ(植松草)

Sciaphila secundiflora


ウエマツソウ

  • 科名・属名
  • : ホンゴウソウ科 ウエマツソウ属

  • 特徴

  •  草丈6〜10cmの多年草。腐生植物。
     全体に紫褐色〜紅紫色を帯び、ほとんど分枝しないか、基部で分枝する。
     葉は鱗片状で卵形長さ約3mmで茎を囲む。
     花は茎の先に総状花序となり、数個〜20個以上の花をつけ、上部に雄花、下部に雌花がつく。
     雄花は直径約6mm、花被は紫褐色〜紅紫色で6裂し、裂片は細い線形でとがり、長さ約3mm。基部の葯隔突起はない。雌花は直径約5mm、花被片は6裂し長さ約2.5mm。
     集合果を作り、直径3〜4mm。

  • 分布・生育地

  •  本州(中部地方以南)〜沖縄、小笠原
     暗い林内の落葉の間や朽木の上

  • 花期
  • : 7〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  1988年8月7日 徳島県海部郡
     上は拡大写真あり(写真をクリック)
     アップ 1987年8月23日  同 上

  • 撮影記

  •  急な遊歩道の途中一息入れようと、道を外れ古い炭焼釜のそばの平らな場所に腰を下ろした。
     水分補給し低い目線で辺りを見回すと、すぐ近くの落ち葉の間から紅い小さな植物が生えているのが目に入った。目を凝らすと、なんと「ウエマツソウ」で花も咲いている。
     事前の調べで記録のあることは知っていたものの偶然の出会いに驚き、踏みつけていないかと急いで立ち上がって足元を見た。
     目が慣れてくると、何本かずつ数箇所に生えていることに気がついた。
     こういう偶然の出会いは本当に嬉しい。2年続けて観察したが、3年目は見つけられなかった。

    同じ科の仲間の花
花アップ