アゼスゲ(畦菅)

Carex thunbergii var. thunbergii


アゼスゲ1

  • 科名・属名 :
     カヤツリグサ科 スゲ属(アゼスゲ節)

  • 特徴 :
     草丈20〜80cmの多年草。
     匍匐する細長い根茎があり、疎らに茎を叢生する。
     基部の鞘は、一部褐色〜紫褐色の部分がある。
     葉は幅1.5〜4cm、質は柔らかく、縁は乾くとやや内側に曲がる。
     小穂は3〜5個、頂小穂の1〜2個は雄性、黄褐色〜濃紫褐色で長さ2〜6cm。側小穂の2〜3個は雌性、円柱形で長さ1.5〜5cm、幅3〜4.5mm。
     雌鱗片は長楕円形、鈍頭で果胞より短いものから長いものまで色々あり、側面が黒紫色で中肋が緑色、縁は狭い白色。
     果胞は楕円形、扁平で長さ3〜3.5mm、嘴は短く、口部は全縁、少数の細い脈がある。
     果実(痩果)は果胞に密に包まれ、倒卵形で断面はレンズ状、柱頭は2岐。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜九州 (国外:千島列島、サハリン)
     平地〜山地の川岸、湿地

  • 果(花)期 :   5〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体1 2016年5月2日  千葉県山武郡
     中上・全体2 2017年6月17日  神奈川県箱根
     (上、中上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中下・花序 2016年4月24日  静岡県浜松市
     左下・雄・雌小穂 2016年5月2日  千葉県山武郡
     右下・雌小穂 2017年6月17日  神奈川県箱根

  • 撮影記 :
     川岸や湿地、田の畦などで見かけ、群生していることが多く、それが和名の由来となっている。
     図鑑によると、分布域が広いせいか、小穂の形や長さ、色などに変化が多いとされている。
     雌小穂の果胞や鱗片のつき方が美しく、いかにもスゲといった風情で好きな菅の一つである。

  • 雌小穂

    同じ科の仲間の花
アゼスゲ2

花序

雄・雌小穂