ハマスゲ(浜菅)

Cyperus rotundus


ハマスゲ

  • 科名・属名 :
     カヤツリグサ科 カヤツリガサ属
     注.APG分類では、学名(var. rotundus)

  • 特徴 :
     草丈20〜40cmの多年草。
     細長い匐枝を伸ばし、先端が塊茎となって肥大し、褐色の繊維で被われる。
     葉は線形で幅2〜6mm。
     花序は幅10cmになり、3〜5本の花序枝がある。小穂は線形で長さ1.5〜3cm、幅1.5〜2mm。中軸に斜開し光沢があって少なくとも一部は血紅色を帯び、やや疎らに20〜40花をつける。
     鱗片は狭卵形、長さ3〜3.5mm、鈍頭で中肋が緑色で縁は赤褐色。
     果実は長楕円形で扁三角形、長さ約1.2mm、柱頭は3岐。

  • 分布・生育地 :
     本州〜沖縄 (国外:世界の熱帯〜亜熱帯に広く分布)
     海岸の砂浜、低地の日当たりのいい道端

  • 花(果)期 :  7〜10月

  • 撮影月日・場所 :
     2014年10月10日  茨城県水海道市
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     下・花序 2015年6月12日  神奈川県川崎市

  • 撮影記 :
     写真だけではわからないが、細長い匐枝を伸ばして先端に肥大する塊茎を作って繁殖するので、大きな群落となることも多い。
     この肥大した塊茎は香附子(こうぶし)と呼ばれる漢方薬として用いられているようだ。
     海岸の砂質地に生えることが多いのでハマスゲ(浜菅)の和名がつけられており、下のアップはその通り海岸近くの河川敷での撮影だが、海岸以外でも道端などにも生え、上の写真は内陸部の堤防の草地で写したものである。

  • 同じ科の仲間の花
花序