ヒゲスゲ(髭髭菅)

Corex oahuensis var. robusta


ヒゲスゲ1

  • 科名・属名 :
     カヤツリグサ科 スゲ属(ヒエスゲ節)
     注.APG分類では、学名(Corex boottiana または Corex wahuensis var. robusta)

  • 特徴 :
     草丈30〜50cmの多年草。
     根茎は短く、茎や葉を叢生する。
     茎は3稜形で硬く、上部はざらつき、葉鞘は茶褐色で著しく繊維状に分解する。
     葉は線形で茎より長く、幅5〜10mm。常緑で質は硬く光沢がある。
     小穂は茎の上部に3〜6個つき、頂小穂は雄性で紡錘状、長さ3〜6cm、幅2.5〜6mm。側小穂は雌性で、長さ3〜6cm、幅約8mm、時に先端に雄花部をつけることがある。
     雌鱗片は狭卵形で長さ4〜5mm、先端は凹み、中脈は長い芒となって突き出る。
     果胞は倒卵形で長さ5〜6mm、上部の嘴部は長く、口部は深く2裂する。柱頭は3個。
     別名 イソスゲ

  • 分布・生育地 :
     本州(千葉、石川県以西)〜沖縄 (国外:台湾、済州島)
     海岸の岩場、砂地

  • 花(果)期 :  4〜6月(南西諸島、小笠原は周年)

  • 撮影月日・場所 :
     2015年4月25日  神奈川県三浦半島
     中、以下全て    同  上
     (上、中は拡大写真あり、写真をクリック)

  • 撮影記 :
     春4月、この時期あまり海浜植物の撮影に出かけることはないが、海岸性の春咲きのグミの撮影に神奈川県三浦半島に出かけた。
     満開の花を撮影し、他にないかないかと岩場の海岸を歩くと、このスゲが目に入った。
     和名のヒゲスゲ(髭菅)は、鱗片の芒が長く伸びる様子を髭に見立てたものだが、別名イソスゲ(磯菅)とあるように、海岸の岩上、崖などに生え、大きな株を作ることが多い。
     一番下の写真でわかるように、雌小穂は時に先端に雄花部をつけることがある。

  • 同じ科の仲間の花
ヒゲスゲ2

雌小穂