コアゼガヤツリ(小畦蚊帳吊)

Cyperus haspan var. tuberiferus


コアゼガヤツリ1

  • 科名・属名 :
     カヤツリグサ科 カヤツリグサ属

  • 特徴 :
     草丈20〜60cmの多年草。
     地下茎は湿った場所では横に長く伸び群生する。茎は柔らかい。
     葉は線形で短く、幅2〜6mm、葉鞘だけのものもある。
     花序は茎の先に7〜10個の花序枝を出し、先端に3〜8個の小穂をつける。小穂は線形で扁平、長さ5〜15mm、幅1.5〜2mm、赤褐色〜血紅色を帯び、線状披針形の小花を10〜20個2列に並んでつける。
     鱗片は狭長楕円形〜長楕円形、長さ1.5〜2mm、鈍頭で上端は凹み、竜骨は緑色で直立する突起となり、鱗片の上端より少し飛び出る。
     果実は倒卵形で3稜があり、白色、長さ0.7〜0.8mm。柱頭は3岐。

  • 分布・生育地 :
     本州〜沖縄 (国外:全世界の暖地)
     湿地や水田

  • 果(花)期 :  8〜11月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体1 2015年9月22日  静岡県伊東市
     中・全体2 2015年8月29日  広島県世羅郡
     (上、中は拡大写真あり、写真をクリック)
     下・花序 2015年9月22日  静岡県伊東市

  • 撮影記 :
     多くの花序枝を伸ばし、赤褐色の小穂を数個つけた姿は、まるで線香花火のようで可愛いい。
     ただ、地下茎を伸ばして群生することが多いため、静かな雰囲気の線香花火と違い、賑やかすぎるのが欠点だ。
     北海道を除き本州〜沖縄の田んぼや湿地に分布し、世界の暖地にも広く分布する国際派だ。

  • 同じ科の仲間の花
コアゼガヤツリ2

花序