ミタケスゲ(深岳菅)

Carex michauxiana var. asiatica


ミタケスゲ1

  • 科名・属名 :
     カヤツリグサ科 スゲ属(ミタケスゲ節)

  • 特徴 :
     草丈20〜50cmの多年草。
     根茎は短く、叢生する。
     茎は直立し、平滑で中央付近まで1〜3個の葉をつける。
     葉は幅3〜5mm、やや硬く、葉鞘は淡色。
     小穂は3〜5個つき、頂小穂は雄性、線形で長さ1〜1.5cm。側小穂は2〜4個で雌性、長い鞘のある長い苞の脇から出てお互いに離れてつき、やや半球形で直立し、緑色で長さ1〜1.5cm。苞は葉状で有鞘。
     雌鱗片は長さ5〜6mm、果胞の1/2〜1/3の長さで、鋭頭〜鈍頭。
     果胞は狭披針形〜線状披針形で脈が多く、熟すと開出〜反曲し、長さ1〜1.3mm、先は次第に細くなり嘴になる。柱頭は3岐。痩果は3稜形。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜本州(中部地方以北)、九州(大分県) (国外:東アジア)
     高山〜亜高山の湿原

  • 果(花)期 :   6〜8月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体1 2011年8月21日  山形県月山
     中・全体2 2018年8月4日  群馬県吾妻山
     (上、中は拡大写真あり、写真をクリック)
     下・小穂 2018年7月24日  群馬県尾瀬ヶ原

  • 撮影記 :
     高層湿原などで有花茎が叢生し、その先に尖った金平糖のような小穂をつける姿は、綺麗な花が咲いていなくともついカメラを向けてしまう。
     訪れた月山の湿原で撮影したのが初めてだったが、その頃はまだスゲ類に全く興味がなく、全体を撮影したでけで小穂のアップなど全く撮影していなかった。
     興味を持ち始め気をつけてみると、多くの高層湿原でこの花が生えていることがわかり、変わった形の小穂をしっかり撮影した。
     和名はのミタケは御嶽山からきているかと思ったが、特定の山を指すのではなく総称のようだ。

  • 同じ科の仲間の花
ミタケスゲ2

小穂