アワムヨウラン(阿波無葉蘭)

Lecanorchis trachycaula


アワムヨウラン1

  • 科名・属名
  • : ラン科 ムヨウラン属

  • 特徴

  •  草丈30〜50cmの腐生ラン。
     茎は黒く分枝する。茎に少し突起がある。
     花は萼片が黄褐色、唇弁はやや紅味を帯びた白色、内側に毛を密生する。

  • 分布・生育地

  •  和歌山、徳島、鹿児島県
     常緑広葉樹林下

  • 花期
  • : 6〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1988年7月23日 徳島県
     中 2007年8月25日 鹿児島県
     下、茎  同 上
     下、右 1988年7月23日 徳島県

  • 撮影記

  •  ムヨウラン類は区別が難しいが、この花は茎を触ると突起があるのですぐわかる。
     徳島県のある山の常緑林の下にはかなりの株があったものの、花弁が開いている株はほとんどない。
     この写真も翌年再挑戦してやっと少し開花している株を撮影した。
     奄美大島でも見たが開いておらず、開花しにくいムヨウラン類の撮影には苦労する。

     2007年、屋久島の林下、いかにもランの生えていそうな雰囲気、歩き回るとこの花が目に入った。久しぶりの出会いだった。
     ここの株は50cm以上もあり、これまで出合ったことのないような立派な株だった。
     この機会とばかり、以前は写していなかった茎にある刺がわかるようにと時間をかけて撮影した。

    花アップ

    同じ科の仲間の花
アワムヨウラン2

茎