マツラン(松蘭)

Gastrochilus matsuran


マツラン1

  • 科名・属名 : ラン科 カシノキラン属

  • 特徴 :
     草丈1〜3cmの着生ラン。
     葉は2列に互生、狭長楕円形〜線状楕円形でわずかに湾曲し、長さ0.7〜2cm、幅3〜5mm。革質で暗紫色の斑点があり、中肋は表面ではへこむ。
     花は葉腋から花序を出して1〜4個つき、黄緑色で暗紫色の斑点があり、径6〜9mm、平開する。唇弁の基部は嚢状に膨らむ。
     別名 ベニカヤラン

  • 分布・生育地 :
     本州(宮城県)〜九州 (国外:朝鮮南部、済州島)
     山地の常緑樹樹幹に着生

  • 花期 :   4〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     1997年5月31日  山梨県南都留郡
     中上 2015年4月28日  東京都奥多摩
     (上、中上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中下・花1 1997年5月31日  山梨県南都留郡
     下左・花2 2015年4月28日  東京都奥多摩
     下右・葉    同  上

  • 撮影記 :
     富士山麓の原生林は、溶岩の上に発達しているため起伏が激しく、また見えない所に溶岩穴などもあって、一人で立ち入るのは危険が多い。
     そんな樹海の太い木に着生していたが、樹海の中には人があまり入らないので、よく探すと小型のランが見つかる。
     ただ、樹幹にやや緩く着生することが多く、強い風の後など落ちている株を見ることも多い。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
マツラン2

花1

花2