エダウチヤガラ(枝打矢柄)

Eulophia graminea


エダウチヤガラ

  • 科名・属名 : ラン科 イモラン属

  • 特徴 :
     草丈30〜60cmの多年草。
     地下に大きな球形の偽鱗茎があり、線状披針形で長さ30cm程度の細長い葉を数枚つける。花時には葉はない。
     花茎は単一または疎らに分枝し、総状に花をつける。
     花は紫褐色の筋がある黄緑色で、萼片と側花弁は線状披針形、唇弁は白色で淡赤色を帯び、中央裂片上には毛が密生する。

  • 分布・生育地 :
     沖縄 (国外:熱帯アジア)
     日当たりのいい原野や草地

  • 花期 :   沖縄  日当たりのいい原野や草地

  • 撮影月日・場所 :
     2009年5月2日  沖縄県国頭郡1
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・花    同  上
     下左・偽鱗茎 2016年5月14日  沖縄県国頭郡2
     下右・葉    同  上

  • 撮影記 :
     以前アップしていた花は、雨風の強い中、折れた主茎から伸びた枝についた貧弱な花だった。
     何とか撮り直ししたいと思っていたが、なかなか花期に訪れる機会がなく、そのままになっていた。
     2009年、GWに訪れるた際この花を探し何ヶ所かで見つけたが、やはり少し早くやっと咲き始めの株が何本かあっただけだった。
     その後も、道路際の緑地帯など何ヶ所かで見たが、なかなかいい花に出会えない。
     花のない時期でも根元の大きな偽鱗茎があり、気をつけるとこのランとわかる。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花

偽鱗茎