ヒナラン(雛蘭)

Amitostigma gracile


ヒナラン1

  • 科名・属名
  • : ラン科 ヒナラン属

  • 特徴

  •  草丈5〜20cmの多年草。
     茎は紡錘状に膨らんだ根からやや斜めに伸びる。
     葉は根元に1個つき、長楕円形〜広披針形で、長さ4〜8cm、幅1〜2cm。葉の表面には光沢がある。
     花は茎頂に一方を向いて5〜15個つき、淡紫色で目立つ唇弁は、くさび状卵形、長さ3.5mm、中央で3裂する。

  • 分布・生育地

  •  本州(茨城県、愛知県以西)〜九州
     湿った岩場

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  1989年6月17日 兵庫県六甲山麓
     中、下・花 2009年7月11日 茨城県北部

  • 撮影記

  •  近畿地方以西が分布の中心で、どういう訳か茨城県に飛んで分布している。
     草丈も低く、また花も小さく見映えがしないにもかかわらず、結構盗掘されている。
     この写真は、六甲山系の山あいの田の脇、水が滲みだす崖にへばりつくように咲いていた。

     2009年、この花の北限とされる茨城県北部のある谷あいの岩場でこの花を見かけた。
     ここも、六甲山麓で見かけたように、苔のビッシリ生えた岩の上に咲いていた。

    同じ科の仲間の花
ヒナラン2

花アップ