ホザキイチヨウラン(穂咲一葉蘭)

Malaxis monophyllos


ホザキイチヨウラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 ヤチラン属

  • 特徴

  •  草丈15〜30cmの多年草。
     根元に幅3〜5cmの大きな葉を一枚つける。
     花は淡緑色で小さく、密に多数つける。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州中部、四国(一部山岳)
     針葉樹林帯〜ブナ帯林下

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1987年7月22日 静岡県富士山
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  亜高山の針葉樹林下でたまに見かける。
     大きな葉を1枚つけ、逆に花はこの仲間の中でも特に小さく、見た目咲いているかどうかわからないくらいで、 正直言って撮影意欲のわく花とは言い難い。
     この写真も富士山麓の樹林下に別の花を探しにいった際見かけ、ついでに撮影したもので、花に等級付けしているようで気がとがめる。

    同じ科の仲間の花
花アップ