イイヌマムカゴ(飯沼零余子)

Platanthera iinumae


イイヌマムカゴ1

  • 科名・属名
  • : ラン科 ツレサギソウ属

  • 特徴

  •  草丈約30cmの多年草。
     葉は茎の中ほどに2個つき、長楕円形で長さ8〜15cm、幅2〜4cm。縁はややしわがあり、基部は鞘になる。
     花は茎頂に穂状に多数つき、淡緑色の花を多数つける。背萼片は卵形で、長さ約2mm、側萼片は狭長楕円形でやや長い。唇弁は白色で舌状、長さ約2〜3mm。
     和名のイイヌマは植物学者の飯沼慾斎を記念したもの。

  • 分布・生育地

  •  山地の林下  北海道(南部)〜九州

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年7月25日 徳島県
     中、下・花   同 上

  • 撮影記

  •  希少種といわれるランの自生株に多数出会ってきているが、それほど珍しくないはずのこの花には縁がなかった。
     千葉県のある山では、生育密度「中」という分布調査があり、何度かトライしたが空振りで、個人的は超希少種の位置づけになっていた。
     四国の花仲間とふとした拍子にこの花が話題となり、徳島県のある場所に出かけることになった。
     その日は1日中雨の天気予報、しかし、現地は曇りで時には薄日も差す絶好の条件。疎林下の斜面に点々と株があり大喜びした。ただ、花つきは良くないらしく、花をつけている株はいくつもなかった。
     アップしてもそれほど美しい花とは思えないこの花の撮影に1時間以上かけていると、撮影が済むまで待っていてくれたかのように雨が降り始めた。

    同じ科の仲間の花
イイヌマムカゴ2

花アップ