キンギンソウ(金銀草)

Goodyera procera


キンギンソウ

  • 科名・属名 : ラン科 シュスラン属

  • 特徴 :
     草丈40〜80cmの多年草。
     茎は太く、葉は茎の下部に5〜10個つき、長楕円形で長さ9〜15cm、幅2.5〜5.5cm。基部は鞘状になる。
     花は穂状に多数密につき、緑白色で萼片と側花弁は長さ約3mm、唇弁は広卵形で約2mm。

  • 分布・生育地 :
     屋久島〜沖縄
     水気の多い川の縁、林縁

  • 花期 :  3〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     1995年4月23日  鹿児島県奄美大島
     下・花    同  上

  • 撮影記 :
     金銀草と豪華な名前に似合わず、花は小さな緑白色の花が穂状につくだけで地味な花である。
     花期が長く、花の終わりがけの黄色と咲いている白の様子を金銀に例えたと言われている。
     南西諸島には多く、渓流沿いや湿った崖下、林縁などに群生しているのをよく見かける。

  • 同じ科の仲間の花
花