キンセイラン(金星蘭)

Calanthe nipponica


キンセイラン1

  • 科名・属名 : ラン科 エビネ属

  • 特徴 :
     草丈30〜50cmの多年草。
     球茎は球状、連珠状に並ぶ。
     葉は3〜5枚つき、広披針形で長さ15〜30cm、幅1.5〜3.5cm。先は鋭尖頭。
     花は花茎の先に5〜12花が疎らにつき、黄緑色で苞は披針形、長さ1〜2cm、萼片は広披針形で長さ1.5〜2cm。側花弁は萼片より少し短く、唇弁は黄色で基部より急に広がり、先は3裂、側裂片は短く、中央裂片は楕円形で先が尖り、縁は波打ち、中央に茶褐色のヒダが3条ある。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜九州 (国外:チベット)
     深山の林縁、林下

  • 花期 :   6〜7月

  • 撮影月日・場所 :
     1989年7月1日 長野県下高井郡
     中 2017年7月12日  長野県諏訪群
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     下左・花、下右・葉    同  上

  • 撮影記 :
     ラン類は花が美しく特徴ある形をしていることもあって山草趣味家には人気が高い。見つかると根こそぎ採取されてしまう。このため、自生地情報があってもなかなか教えてもらえないことが多い。
     この花も、やっと教えてもらった情報で百株以上の群落に出会い撮影したものである。
     その後根こそぎ掘り取られ、教えてもらった方からは、我々から情報が漏れたのではないかと疑われ、嫌な思いをした。
     よく情報を頂いた方から自生地を聞かれることが多いが、教えてもらった以上知らぬ顔はできないとは思うものの、上記のような事もあり、詳細な自生地情報にはいつも気を使う。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
キンセイラン2

花