キリシマエビネ(霧島海老根)

Calanthe aristulifera


キリシマエビネ

  • 科名・属名
  • : ラン科 エビネ属

  • 特徴

  •  草丈20〜40cmの多年草。
     葉は他のエビネ属に比べて細く長さも15〜30cmと短い。
     花は花茎の先に数個着き、ピンク系〜白系までいろいろあるが、うつむき加減に咲き、全開しない花が多い。

  • 分布・生育地

  •  伊豆七島、紀伊半島以南〜沖縄本島
     常緑広葉樹林下

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2000年5月13日 東京都島嶼
     下  同 上

  • 撮影記

  •  以前鹿児島県で咲いているのを知りながらスケジュールの都合で撮影できず、その後なかなかお目にかかることができなかった。
     ある時、東京都の島で株を見つけ、翌年意気込んで出かけた。
     登山道から見えそうな場所で、早く撮影をと気はあせるのだが、樹林下は風や木漏れ日の影響でなかなかシャッターを切れず苦労した。
     他のエビネ類と比べて葉が細く、花はピンク(薄い〜濃い色々)掛かっていて可憐というのがふさわしい。

    同じ科の仲間の花
花アップ