キソエビネ(木曽海老根)

Calanthe alpina


キソエビネ

  • 科名・属名 : ラン科 エビネ属

  • 特徴 :
     草丈20〜40cmの多年草。
     球茎は球状で連珠状に連なってつく。
     葉は3〜4個つき、葉身は倒卵状狭長楕円形、長さ15〜30cm、幅3〜4cm。先は鋭頭、基部は葉柄がはっきりせず、縦じわが多く無毛。
     花は花茎の先に3〜8個が疎らにうつむきかげんにつき、淡紅紫色。萼片は、広披針形、長さ15〜17mm、幅4〜6mm。側花弁は披針形、萼片より短く鋭尖頭。唇弁は萼片より少し短くほぼ半円形で全縁、唇弁の先は橙色で櫛の歯状に切れ込む。

  • 分布・生育地 :
     本州(東北〜中部)、四国  (国外:台湾、中国〜ヒマラヤ)
     冷温帯の深山の林下

  • 花期 :   6〜7月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体 2002年7月6日  神奈川県
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・花序1 1987年7月4日  山梨県
     左下・花序2 2017年7月12日  岐阜県
     右下・葉    同  上

  • 撮影記 :
     ブナ帯の林下に稀に咲く。分布は比較的広いものの、産地が少ないうえにその美しさから盗掘されることが多く、滅多にお目にかかれない。
     最初にこの花を見たのは、南アルプスの奥深い林の下、うつむき加減に咲く花に木漏れ日があたり、ため息をつくほどであった。
     その時の花が中の写真で、紅紫色の濃い花で美しいものであったが、何年もしないうちに盗掘されてなくなった。
     その後、十数年ぶりに出会ったのは神奈川県のある山だった。
     林下の草むらをかき分けると所々にこの花が咲いており、数本立ちの立派な株もあった。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花序1

花序2