コゴメキノエラン(小米樹上蘭)

Liparis elliptica


コゴメキノエラン1

  • 科名・属名 : ラン科 クモキリソウ属

  • 特徴 :
     草丈10〜20cmん0着生の多年草。
     茎は肥厚し、扁平な球状の偽鱗茎になり、その頂に2個の葉をつける。
     葉は狭線形、長さ5〜10cm、幅1〜2cm。
     花茎は2個の葉の間から出て垂れ下がり、長さ10〜20cm、先半分に薄い黄緑色の花を密につける。花は下向きで半開し、花被片は長さ約5mm、唇弁は卵形で先が尾状に尖り、中ほどから急に下方に折れ、縁は波打つ。
     果実は花柄部分が曲がって上を向き直立する。

  • 分布・生育地 :
     鹿児島県(屋久島、奄美大島) (国外:台湾、熱帯アジア・オセアニア)
     常緑広葉樹の樹上

  • 花期 :   12〜1月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体1 1994年12月24日  鹿児島県奄美大島
     中上・全体2    同  上
     中中・全体3 2016年12月24日    同  上
     (上、中上、中中は拡大写真あり、写真をクリック)
     中下・花序 1994年12月24日    同  上
     左下・花、以下全て 2016年12月24日    同  上

  • 撮影記 :
     奄美大島(最近屋久島でも発見されたようだ)の限られた山地の常緑広葉樹の樹幹に着生しているが、生育数はごく少なく絶滅が心配されてる。
     しかも、花期は12月〜1月であることから、なかなか撮影の機会がなかった。
     地元の方の案内で撮影に出かけたのは、平成6年のクリスマスイブの日であった。
     南の島でも冬は季節風が強く、樹上に着生する花は風の影響を受け撮りづらいが、この日は風もなく絶好の撮影日和であった。

     平成28年、20数年ぶりに現地を訪れると、以前見た株は盗掘されたのか全く見当たらなかった。
     何とか見つけたいと長時間探し、やっと1本のだけ着生しているのを見つけホッとした。

  • 葉

    偽鱗茎

    同じ科の仲間の花
コゴメキノエラン2

コゴメキノエラン3

花序

花