コケイランモドキ(小尢幕[)

Oreorchis coreana


コケイランモドキ1

  • 科名・属名 : ラン科 コケイラン属

  • 特徴 :
     草丈(花茎)35〜60cmの多年草。
     葉は1〜2個、披針形で長さ26〜35cm、幅1.8〜2.2cm。先は鋭尖頭、表面には縦皺がある。
     花は茎頂に総状花序となって多数(17〜29個)の花をつける。三角状の苞は長さ4〜5mm。萼片と花弁は黄橙色で縁は紫色。背萼片は長さ6〜6.3mm、幅1.8〜1.9mm、先は鋭頭。側萼片はやや鎌状、長さ5.7〜6.2mm、幅2.1〜2.2mm。唇弁は白色で紫色の斑点があり、中央部で側裂片が分かれ3裂し、長さ4.8〜5.2mm、幅3.7〜4.1mm。唇弁の隆起は板状。蕊柱は長さ3.6〜3.7mm。

  • 分布・生育地 :
     本州(栃木県)、九州(大分県) (国外:朝鮮(済州島)
     山地のやや湿った林下

  • 花期 :   6〜7月

  • 撮影月日・場所 :
     2016年6月28日  大分県
     中 2013年7月9日  栃木県
     (上、中上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中上・花序、中下・花1(正面) 2013年7月9日  栃木県
     下左・花2、下右・葉 2016年6月28日  大分県

  • 撮影記 :
     日本では栃木県の標本を基に2016年に発表された種で、朝鮮(済州島)で見つかり発表されたO. coreanaと同一種とされた。
     コケイラモドキという和名がつけられたようにコケイランによく似た種類で、違いは花が小さい(側萼片は長さ5.7〜6.2mm、コケイランは8〜10.5mm)、唇弁の中央部から側裂片が分かれ(コケイランでは基部から)隆起が板状である、蕊柱が太く短い(長さ3.6〜3.7mm、コケイランは5.5〜6mm)、花期が1ヶ月ほど遅いことが上げられている。他にも個人的には花茎がやや高い個体が多いような気がする
     しかし、パッと目にはコケイランそっくりで、ランについていくらか知識がある場合、コケイランと思って見逃してしまうことが多いと思う。
     当初発表された時、日本では栃木県だけとなっていたが、ここにも写真をアップしたように九州でも見つかっているし、四国でも見つかったという話も聞く。
     よく見れば花の違いは色々あるが、一番わかりやすいのは同一地域では花期がほぼ1ヶ月程度遅いことである。
     これからは、沢沿いの湿った林下で遅い時期にコケイランの花が咲いていたら、ひょっとしたらと思って確認する要がある。そうすればもっと色々な場所で新しい自生地が見つかるのではないかと思う。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
コケイランモドキ2

花序

花(正面)

花(側面)