マヤラン(摩耶蘭)

Cymbidium macrorhizon


マヤラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 シュンラン属

  • 特徴

  •  草丈10〜30cmの腐生ラン。
     茎に鱗片葉が少しあるが、葉はない。
     花は、白色で紅紫色を帯び、茎の先に数個咲く。

  • 分布・生育地

  •  本州(東京都)〜沖縄
     常緑広葉樹林下

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1988年8月7日 徳島県海部郡
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  東京都のある公園の林下に咲くことが有名で、花期には同好の士を見かけることもある。
     不思議なもので、何度も探しに出かけて会えなかった花も、一度出会うとその後思いもかけない場所で度々出会う。
     この花もその後、徳島県、千葉県、神奈川県など何度も出会った。
     この写真は、徳島県の奥深い山、沢近くに数十本生えていたものである。

    同じ科の仲間の花
花アップ