ムカデラン(百足蘭)

Cleisostoma scolopendrifolium


ムカデラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 ムカデラン属

  • 特徴

  •  着生ラン。
     長く延びた茎の節ごとに葉と同じ白い気根をだす。葉は互生する。
     花は葉の先に1cm程度の淡紅紫色を1個つける。

  • 分布・生育地

  •  関東地方〜九州 樹幹や岩上に着生

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所
  • : 
    1993年8月15日 静岡県

  • 撮影記

  •  関東地方北部から九州まで点々と自生地があり、天然記念物に指定されているところもある。
     この写真は、実家のある静岡県西部の岩場。崖の上からこわごわ覗き込むと咲いているのが見える。しかし、 とても写せるような場所ではない。岩峰のいくつかを回り込み、よじ登ってやっと撮影できる場所を見つける。
     真夏でも景色がよく、風通しのよいところでの撮影は気持ちがいい。

    同じ科の仲間の花