ナリヤラン(成屋蘭)

Arundina graminifolia


ナリヤラン1

  • 科名・属名 : ラン科 ナリヤラン属

  • 特徴 :
     草丈50cm〜130cmの多年草。
     茎はやや硬く、木質化する。
     葉は15〜25個つき、線状披針形で、長さ10〜20cm、幅1〜2cm。縦脈は葉の両面に突き出る。
     花は総状花序となって5〜8個つき、径約4cm、唇弁が少し丸まり先は濃いピンク色、他の花弁は白色。一斉に咲かず、次々と咲く。

  • 分布・生育地 :
     沖縄(石垣島、西表島) (国外:台湾〜熱帯アジア)
     日当たりの良い草原

  • 花期 :   5〜12月(ピークは夏)

  • 撮影月日・場所 :
     2008年7月25日  沖縄県西表島
     中 2014年9月5日    同  上
     下左 1985年7月12日    同  上
     (左3枚は拡大写真あり、写真をクリック)
     下右・花 2003年12月13日    同  上

  • 撮影記 :
     20年ほど前、7月に西表島を訪れた時は、ちょっとした墓地の草むらにもこの花が咲いており、「野生のカトレア」を思わせる美しさに感動した。
     2003年、久し振りに同地を訪れたところ、かって咲いていた場所は、農地に変わっていたり掘り取られていたりして見る影もなかった。
     現地では5月頃から咲きはじめ、次々に花を咲かせ12月でも花を見ることができるが、ピークは夏ごろである。この頃群生地を訪れると素晴らしい群落に出会える。
     西表島を走れば、どこでもこの花が咲いているのが見られたらどんなに素晴らしいことだろう。

  • 花

    同じ科の仲間の花
ナリヤラン2

ナリヤラン3