ニラバラン(韮葉蘭)

Microtis parviflora


ニラバラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 ニラバラン属

  • 特徴

  •  草丈10〜30cmの多年草。
     葉は茎と同様な長さでねぎのような葉が一枚つく
     花は緑色で、茎頂に小さな花が密に20個程度着く。
     葉をねぎの仲間のニラに見立て和名が付いている。

  • 分布・生育地

  •  本州(千葉県)〜沖縄
     海岸近くの草地

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2000年5月13日 東京都伊豆七島
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  これまでに見た伊豆七島や鹿児島の島嶼でも、茎も細くそこにあると言われなければわからないくらいである。
     海岸近くの草地に生え、荒地のようなところにも咲く。
     ニラの葉に似てるのでこの名が付けられているが、そんなに似ているとも思えない。

    同じ科の仲間の花
花アップ