オノエラン(尾之上蘭)

Chondradenia fauriei


オノエラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 オノエラン属

  • 特徴

  •  草丈10〜15cmの多年草。
     葉は茎の基部に2個つき、長楕円形で長さ6〜10cm、幅2〜4cm。
     花は茎頂に総状に2〜6個つき、白色で唇弁の長さは約1cm、幅6mm。基部に黄色のW字形の模様が入る。

  • 分布・生育地

  •  本州(中北部、紀伊半島)  岩交りの草地

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  1996年7月14日 群馬県谷川岳
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  日当たりのいい山の尾根の岩交りの湿り気のある場所に生え、本州中部以北、特に東北地方の山には多い。
     この花は、高山植物とまでいかないものの、山の花を撮影していればどこかで出会う花なのに、写真を撮り始めてから随分たった1996年に谷川岳でやっと撮影できた。
     夏の谷川岳は、蛇紋岩地帯固有の植物や、雪田脇には湿生の高山植物など、花の種類が多い。

    同じ科の仲間の花
花