リュウキュウセッコク(琉球石斛)

Eria ovata


リュウキュウセッコク

  • 科名・属名
  • : ラン科 オサラン属

  • 特徴

  •  着生ラン。
     バルブ(偽鱗茎)は円柱状で長さ10〜25cm、太さ1〜2cmで数本まとまる。
     葉は円柱状のバルブの先に数枚つき、長さ15cm程度。
     花は葉の下から長さ10〜25cmの花茎を伸ばし多数の淡黄色のマメヅタランに似た花をつける。

  • 分布・生育地

  •  九州(奄美大島)〜沖縄県  樹幹に着生

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年7月10日 沖縄県西表島
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  西表島の奥深い原生林。蒸し暑さで流れるような汗をぬぐいながら見上げると、沢沿いの大木のやや横に伸びた太い樹幹にこの花が着生しているのが見える。
     咲いているのは高さ15〜20mもあり、簡単に写真に撮れるところにはほとんどなく、望遠で撮影しなければならないような株ばかりだ。
     しかし、人のほとんど入らないような奥深いところには手で触れるようなところにも咲いているそうだ。

    同じ科の仲間の花
花アップ