タカネトンボ(高嶺蜻蛉)

Platanthera chorisiana


タカネトンボ

  • 科名・属名
  • : ラン科 ツレサギソウ属

  • 特徴

  •  草丈8〜20cmの多年草。
     葉は普通2枚根元に対生状に広がってつき、円形または楕円形状で大きく光沢がある。
     花は淡黄緑色で10個程度つき、唇弁と側花弁が近づき口を半開したような面白い形で咲く。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州中部 高山の湿地

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1997年8月3日 山形県月山
     下  同 上

  • 撮影記

  •  高山の湿地に咲き、草丈が小さいので、そのつもりで探さないと見逃してしまう。
     花はアップで見るとロボット顔のようでもあり、また人が口を開けているよでもあり、ユーモラスであきない。
     登山者の多い月山、この花にカメラを向けていても登山者には何を写しているのか判らず、覗き込んで納得し、 判で押したように「面白い形をしていますね。何と言う花ですか」と聞かれた。

    同じ科の仲間の花
花アップ