テガタチドリ(手形千鳥)

Gymnadenia conopsea


テガタチドリ1

  • 科名・属名
  • : ラン科 チドリソウ属

  • 特徴

  •  草丈30〜60cmの多年草。
     葉は茎の中部以下に4〜6個互生し、広線形で長さ10〜20cm、幅1〜2.5cm。基部は茎を抱く。
     花は茎頂に穂状花序にやや密に多数つき、淡紅紫色で、側花弁は斜卵形で長さ4〜6mm、唇弁は卵状くさび形で長さ6〜8mm、先は3中裂する。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州中部
     高山、亜高山の草原

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2008年7月20日 長野県志賀高原
     中 1991年7月21日 北海道根室市
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  撮影データを整理していたところこの花の記録がない。山の草原でよく見るので撮影したと勘違いしていたらしい。
     そんな訳で、撮影当初によく出会ったアルプスの写真でなく、北海道の海岸近くの原野のカットとなった。
     その後気をつけていたら、本州中部の高原ではよく出会い、志賀高原ではスキー場のゲレンデに何本も固まって咲いていた。

    同じ科の仲間の花
テガタチドリ2

花アップ