トクサラン(木賊蘭)

Cephalantheropsis gracilis


トクサラン1

  • 科名・属名
  • : ラン科 トクサラン属

  • 特徴

  •  草丈50〜100cmの多年草。
     茎は古い茎が何本も並列する。
     葉は数個つき、狭長楕円形で、長さ20〜40cm、幅4〜7cm。先は鋭尖頭で無毛。
     花は花茎の上部に20個程度がやや密につき、黄色、萼片は長楕円状狭卵形で長さ10〜13mm、側花弁とともに先端と縁が外に巻き込み、放射状に広がる。唇弁は四角状長楕円形で長さ約10mm、3裂し中央裂片は更に2裂、前方の縁は縮れる。初めは白色であるがのち黄色。

  • 分布・生育地

  •  九州南部〜沖縄  常緑広葉樹林下

  • 花期
  • : 11〜1月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年12月21日  沖縄県石垣島
     中 1994年12月25日  鹿児島県奄美大島
     下左・花 2004年12月11日  沖縄県西表島
     下右・果実 2014年3月21日  沖縄県石垣島

  • 撮影記

  •    南の島の常緑広葉樹林下では比較的よく見かけるランの一つである。
     ただし、花つきはあまり良くなく、株の多さの割りに花を咲かせる株は少なく、上の写真のように一つのフレームで何本も花が写せるというのは珍しい。
     花は最初唇弁は白色であるがすぐに黄色に変わり、全ての花の唇弁が白い個体には会えない。普通、上まで開花していると真ん中から下の花は黄色になっている。
     一番下の花のアップは、まだ花茎の下の方の花しか開花していない初期段階のため、唇弁が白く側萼片や背萼片は緑色である。この緑色はすぐに黄色になる。

    果実

    同じ科の仲間の花
トクサラン2

花